結婚式の費用や小さな結婚式について│電報を送る時の注意点

結婚式

お金がかからない結婚式

お花

結婚式は費用がかかる上に準備も大変で、幸せな気持ちにひたるというよりは、忙しくて記憶がないという方も多いと思います。結婚式の面倒なやりとりをミニアムにして安く役にすませたという方には、小さな結婚式がおすすめです。結婚式は開催しますが、規模を小さくすることによって、結婚式にかかる全ての面倒事まで最小限にすることができます。なので、小さな結婚式ではその準備がとても楽になるといわれています。結婚式は1年から半年の準備期間が必要なので、忙しい人だと結婚式の準備でそうとう疲弊し、せっかくの幸せな期間を楽しむことができせん。しかし、小さな結婚式のように招待客を必要最低限にしぼることで、招待客のリストアップも楽になり、それに付いてくる引き出物などの準備もかなり楽になります。引き出物は大人数になるとバリエーションがなく無難なものが選択されます。しかし、少人数しか招待客がいない場合は新郎新婦もある程度は招待した人を把握しているので、一人一人に違った引き出物を渡す余裕ができます。そこまでしなくとも、たとえば男女別や年齢別に種類をわけることもできます。また、結婚式の準備にかかる時間とお金を削減することで、ウェディングドレスを豪華なものにしたり、ウェルカムボードなどにお金をかけたりすることができます。大規模な結婚式になると、遠くの席から花嫁を見つめることしかできなかったり、新郎新婦とゆっくり話すこともできなかったりと、招待客も楽しめないかもしれません。しかし、少人数の少ない人たちしか呼ばないことで、招待客もゆっくりウェディングドレスを見ることができるし、新郎新婦と余裕を持って会話することができます。小さな結婚式には、このようないくつものメリットがあるのです。