結婚式の費用や小さな結婚式について│電報を送る時の注意点

結婚式

結婚式でのお祝いの言葉

招待状

結婚式で電報を送る予定のある方は、いくつか気を付けなければならないポイントがあります。それをおさえておけば、新郎新婦に喜ばれる祝電になるでしょう。まず、電報だけではなく、結婚式における挨拶一般でもそうですが、忌み言葉を使うことはさけた方がいいでしょう。受験の忌み言葉として、落ちるやすべる、などがあるように結婚式でも、切れるや別れる、といった言葉は嫌われます。切れるには夫婦の縁が切れる、別れるは離婚を連想させるなど理由で使用が控えられるそうです。また気がつかないうちに使いがちなのが、重ね重ねやたびたびなどの言葉ですが、これも再婚をイメージさせるので使用してはいけないようです。一般的な結婚式では、電報は披露宴の途中で読まれることが多いとされています。しかし、途中だからといって式の開始直後に送ったり、開始途中で贈ったりしては間に合わないかもしれませんし、司会者や新郎新婦を困惑させてしまいます。電報は遅くとも、披露宴が開始される1時間前までに送るのが望ましいとされています。また当日になると忙しくて、電報を出すことを忘れてしまう方もいるかもしれません。結婚式場によっては式の1ヶ月前には予約が可能なところもあるので、そういったサービスを利用してみるのもいいかもしれません。宛名に関しては、もし一方の相手しか知らない場合もできるだけ両名の名前であてるようにしましょう。どうしても一方の名しか書かない場合、特に新婦の場合は注意点があります。新婦に当てる場合は、できるだけ旧姓を使うようにしましょう。その理由は、まだ新郎新婦が入籍していない可能性があるためです。新郎新婦が入籍をしているか分からない場合は、できるだけ旧姓を使った方が無難といえます。