結婚式の費用や小さな結婚式について│電報を送る時の注意点

新郎新婦

式の予算を考えよう

花嫁

結婚式が決まると、その費用をどこから出資するのかを決める必要があります。もともとそのような話しをしていて、結婚式の費用を二人で貯めるなどをしていたなら、そこから出せばいいでしょう。しかし、まだ何も決めていなかった場合は、どちらが費用をどの程度出すのかという話し合いをする必要があります。一部のカップルは、この話し合いが決裂し、結婚解消になってしまったということもあります。そのような最悪の事態をさけるために、事前に話し合って決める必要があります。最もいい例は婚約をした段階から、結婚式の費用について面倒くさがらずに話すことです。しかし、結婚式への具体的な金額もわからないのに、分担の割合だけ決めるのは難しいという人もいるかもしれません。そのような方は結婚式場を決めたときに話し合ってみることが大切です。結婚式場選びの時点で二人で決めているでしょうから、大まかな結婚式の予算も決まっているはずです。このときに、せめて費用の負担割合くらいは決めておくと、のちのち楽になるでしょう。ちなみに、最も多い負担の割合は両家で半分づつ出し合うことです。負担の割合も単純で分かりやすい上に、平等なので後で揉めることもありません。しかし、新郎の方が収入が上の場合は、新郎側の負担を大きくすることもあるようです。また、両家の家柄や性格の違いで負担の割合は変動するので、自分と相手の性格や実家をきちんと見定めることが大切です。一方で新婦側が多く負担するパターンもあります。これは、ウェディングドレスや化粧直しのときの衣装代など、花嫁の方がお金がかかるため、このような割合になるようです。

お金がかからない結婚式

お花

小さな結婚式では、結婚式にかかる費用やお金を少なくすませることができる点がメリットです。また、それによってウェディングドレスなどにお金をかけることや、こだわりの引き出物を渡す余裕が生まれます。

読んでみよう

結婚式でのお祝いの言葉

招待状

結婚式に電報を送る場合は、忌み言葉などの使用は控えるようにしましょう。また、電報を送るタイミングは式が開始される1時間前がベストとされています。また、新婦の宛名は旧姓のまま送ることが大切です。

読んでみよう

ゲームの賞品について

プレゼント

結婚式の二次会でゲームをした場合、何か景品を考える必要があります。そのとき、メインとなる景品と参加賞などの景品は価値に差をつけると、みんな真剣に参加してくれるようになるので、盛り上がることができます。

読んでみよう